クリアネオが効かなくて逆効果だった人もいる?理由を調べました

子どものワキガ対策クリームランキング

 

評判の良い口コミ、イマイチな悪い口コミ、

 

両方に割れている、ワキガ対策クリームが「クリアネオ」です。

 

 

特に私が気になったのは、

 

クリアネオを使ってワキガがひどくなった!逆効果だった!

 

という口コミです。

 

 

 

逆効果ってどういうこと?

 

と思って色々と見ていると、

 

 

・臭いがひどくなった

 

という口コミと

 

・肌が荒れてしまった

 

という口コミの2種類があることに気が付きました。

 

 

 

 

ちなみに、私の息子と娘も実際にクリアネオを使っていたのですが、

 

どちらも感じませんでした。

 

 

 

正直、効果はイマイチだったのですが、、、

 

逆効果と感じるまではありませんでした。

 

 

 

 

クリアネオは、無添加・無香料でつくられている商品ですし、

 

しっかりとしたアレルギーパッチテスト済なのに、

 

どうしてお肌が荒れてしまうというようなことがあるのかな?

 

と思い、含まれている成分を色々と調べてみたのですが、

 

 

 

どうやらパラフェノールスルホン酸亜鉛が原因?のようです。

 

(私は専門家ではないので、あくまで成分1つ1つを調べた結果なのですが)

 

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、市販のデオドラントグッズなど、

 

ほとんどのデオドラント商品に含まれいている、私たちにとっても身近な成分なので、

 

汗を抑える働きをします。

 

 

 

毛穴を塞ぐことで汗の分泌を抑える、「収れん効果」がある成分なのですが、

 

これは身体の細胞を変化させているということになるので、

 

人によっては刺激になって、かぶれてしまうケースもあるそうです。

 

 

 

無添加!といわれている商品で、しかも安くないクリームだから

 

肌なんて絶対に荒れないだろう、と思っていても、

 

やはり植物・食べ物アレルギーと同じで

 

人によって合う合わないがあるのだと思います。

 

 

 

バカ売れしている商品だからこそ、そういったマイナスな結果となってしまった人も

 

出てきてしまうのかもしれません。

 

 

世の中に、「全ての100%の人にとって、肌も荒れず、効果も出る商品」

 

というものは、きっとないんでしょうね^^;

 

 

ひとまず、うちの子どもたちにとっては、

 

臭いがひどくなったり、

 

お肌が荒れてしまうなどの

 

逆効果な現象はありませんでした。